【JASONSの蓋世不抜~第三章:四度目の福生にて覚醒篇~】

前記事▶【JASONSの蓋世不抜~第二章:福生へ道場破り篇~】

2018年2月24日。初関東襲来から3年と8か月が経った。

2018年初のJASONS関東は、福生。SHIT LISTという、初福生と同じイベント。

この日が発表されたから、僕はどれほど待ち焦がれていたか。

この地でのJASONSということに加えて、溜まりに溜まったプライベートでの怒りやストレス、疲労のため、へヴィメタルのライヴを欲しており、

僕は本当にこのイベントを心待ちにしていた。

とは言いつつも、福生へ到着してもすぐに会場へは向かわなかった。

この土地に興味があったからだ。ここには何かがあると感じていた。

ビールを片手に夜の福生を散歩。

福生には横田基地があり、アメリカ人の方が非常に多い。そう聞くと非常に危険な町と思われがちだが、決してそんなことは無かった。

アメリカのようなクラブやバー、ウッドデッキのあるレストランなどが並ぶも、昭和の日本のような賑やかなバーやクラブ、呑み屋も立ち並ぶ。

海外へは仕事で何度か行ったことあるが、福生の空気は、海外で感じる解放感を少し持っていた。

特にLA。

ハリウッドにある伝説のロックバー、“Rainbow Bar & Grill”へ行った時、ワクワクしながら夜の街を歩いていた。

そのバーがある通りは、サンセットブルバードと言い、世界的に有名なライヴハウス、タワーレコードの跡地やバー、レストラン、そして、ラーメン屋さんが並ぶ。

人種の垣根を越えた多くの観光客や地元民が歩き、食べ、呑み、笑っていた。

あの通りに流れた空気と似ていた。

行き交う日本人は若者から家族連れまで。また外国人も多数。

そして、古くからある日本の呑み屋で働くおっちゃん。

いろんな人たちが小さな福生の飲み屋街で溢れているのだが、皆、馴染んでいる。

落ち着いた土曜の夜、平日の疲れを癒す人たちの絵がここにある。

ここは、土地もそこで生きる人も、懐が深く、器がでかいのだろう。

来る者拒まず、良いものは受け入れ、皆で楽しむ

そんなシンプルな考えがここにある。

30~40分ほど歩き、会場に入った。ジャックダニエルとテキーラで身体と心を温める。

ステージに目を向けると、静岡のバンド、All That Groovin’のパフォーマンスがちょうど始まった頃だった。

彼らはもちろん、続くDemonsMorllyheadsも素晴らしかった。

対バンのバンド同士で盛り上げ合い、お客さんも熱く、笑顔でノッていた。

SHIT LISTとは、この福生を拠点に活動するバンド、ANTI-PRIDEが主催するイベントだ。へヴィメタルではないが、熱い、骨太なロックバンドが毎度集まる。

そういう意味では、同族で集まらない、同じ志を持つバンドと本気で対バンしたいという、JASONSにはピッタリ。

そう言えばこの時、一人で会場にいたら、ある男性から声かけてもらった。

「JASONS観に来たんですよね?」

「そうです。分かります?」

「えぇ、分かりますよ!」

顔が割れている…なんで?と思ったけれど、きっと、SHITLISTに毎度いらっしゃるお客さんかミュージシャンの方だろう。

2015年の福生Chicken Shackや2016年の野外フェスと、JASONSがプレイする時、僕は全力で走り回っていたから。印象が強かったのかな?

しかし名前も知らない僕に声をかけてくれるなんて。

同じロックを愛する熱い者ということでできる仲間意識。

えぇもんやな。

22時30分頃、JASONSは、セッティングを開始した。

メンバーに挨拶し、軽くストレッチをしながら、その様子を見守る。

軽く音合わせの後、メンバーはメイク、衣装の準備に入った

そして場内暗転。

ショーはスタート。

彼らは袖から登場しない。

後方から、観客を割って練り歩き、ステージに上がる。

「バンドもオーディエンスも皆同じ、爆音を愛する者だろ?曲を書き、演奏するからバンドの方が偉い、オーディエンスはバンドをフォローするもの…とかどうでもいい。

皆でこの場を楽しもう、皆でライヴハウスを作ろう」

という心かな。

後方のバーカウンターから現れた、JASONS。

いつもの通り僕はメンバーと抱き合い、ステージに上がった。

今夜は3代目ベーシスト、ジェイソン百十号 マークⅡが加わってから初となる東京公演。

今夜は、いつも一緒のJASONSフリークが不在だった為、

「俺1人で何としてでも会場を爆発させなあかん」と、意気込んでいた。

しかし、爆音一発。

バンドがかました瞬間にスイッチが入ったのは、僕一人では無かった。

何人もが一斉に暴れ始めた。

既にステージを終えたバンドの方々。酒を何杯も煽り、テンション激高な方々。

皆が揉みくちゃになって、暴れ出す。2人、3人と肩を組み、前へ突っ込む。どんどんモッシュは激しく、興奮の渦は高まった。

フロアは、暴れるゾーンとその周囲を囲むオーディエンスに分かれる。

通常、ゾーンの周りから観る人たちは、ただただ呆気にとられた表情で観察しているだけなのだが、この夜は違った。

皆声を出し、拳を上げ、この興奮の場を楽しんでいる。

「お前ら最高だな!けど、怪我だけはしないようにな。」

ゴリさんの嬉しさと優しさを垣間見た一言の後、場内はさらに盛り上がり、男も女も、日本人も外国人も皆同じく、音楽に心酔していった。

スリーピースとは思えない音圧とスピードで攻め倒すセットリストは、初見の人でも、簡単に馴染め、楽しめるものであることも手伝い、無数の人が、JASONSに共鳴した。

ところで、他のバンドにはない、JASONSではお決まりの光景がある。

ステージの中盤、ギターを置いたゴリさんはフロアへ下り、バーカウンターへ向かいビールを買う。

この間、リズム隊は演奏を続けており、上手のマイクスタンドは空いたまま。

 

『ステージ上は神聖な場。上がりたくても上がれないバンドもいる。俺はただの客、そのことを忘れるな』

 

と胸に秘めていたのだが、

『さっきのバンドでも馴染の客がステージ上がって一緒に歌っていたし、そういうのが許されるイベントなのかな』

と思っていたら身体が自然と動き、僕はステージに立っていた。

 

見下ろすと、フロア前方の人たちが僕を煽る。

『イケる!』

僕はマイクを掴み、煽り始めた。

両手を力強く振り上げ、叫んだ。

『ステージから客席ってけっこう見えへんのか、暗いわ…やっぱヴォーカリストの体力って凄い、全然声出-へん…

しかし全力でやったるからな!

ゴリさんが戻ってくるまで、会場のこの熱量を落とさせんからな!』

ヘッドバンギングし、声を出し続けた。

ゴリさんはステージに戻ったら、まずはビール瓶を僕の口に持っていき、流し込んでくれた。

そしてフロアへ戻る。

バンドメンバー、客何人かでビールを回し呑み、演奏再開。

もちろん、その後もフロアの火は燃え盛った。

最後の曲。ゴリさんの指示で客電がついた。

彼はマイクスタンドを携え、ステージに下りた。

フロアの中央でその曲の後半を、歌い、ギターを掻き鳴らした。

これまでも同じようなアクションはあったが、ここまで熱く、歌もギターソロもやり切ったのは初めてではないかな?

僕は彼の周りをサークルし、横で共に歌い、ステージに上がって、ベースの横でエアギターに没頭、ドラムの前でヘッドバンギングと、心のままに暴れ倒した。

もちろん、僕だけではない。

多くの人が暴れ回り、それぞれのやり方で盛り上げ、性別も国籍も関係なく、楽しんだ。

終わってから、ゴリさんと抱き合う。

「最高」

とお互い言い合った時、約4年間の歩みを思い出し、グッと来た。

JASONSが、デカくなった。

 

僕は、「音楽は耳で観る映画」とし、音楽から感じるイメージを文章にするライター。

初音源であるEP「DxOxTxD」では、大自然の奥地に生き続けるJASONSという種族が見え、彼らの暴走、踊り、生き様をライナーに書き、へヴィメタルが生まれる瞬間を説いた。

『DxOxTxD』
ヘヴィメタルとは如何にして生まれるのか。答えを知りたければ、このCDを聴け。 2011年名古屋で結成されたバンド。名は、JASONS。ホラーをメタルで表現するというコンセプトの下、スリーピース(時にダ

 

続く、1stアルバム「Inferno」では、そのバンドの姿をもっと掘り下げ、彼らの波動(=グルーヴ)を感じ、闘争心と仲間意識をライナーに書いた。

『INFERNO』
昨年発表したEPで「生に対する衝動が爆発した時、ヘヴィメタルは誕生する」と証明したバンド、JASONS。精力的にライヴを重ね、鍛え上げたサウンドは、メタルの極地である速(=スラッシ...

 

その後のライヴレポートはまた後日、このブログでも紹介すると思うが、僕の物語はこうだ。

「自然から飛び出したJASONSは、街に出た。名古屋、東京といった大都市で暴れ回り、一人また一人と仲間にしては、皆の心に闘争心を生み、社会と闘わせる」

しかしこの後、どんな音源を出すのだろう、僕はどんな物語を書けばいいのだろう、と正直悩んでいた。もうネタが尽きるかもと思った時もあった。

 

しかし、僕の想像以上のことが今起こっている。

まさかこんなモンスター化するとは。

今後どれほどまでに進化するか。誰もその姿は分からないが、こうして挑戦を続けていけば、必ず、結果は出る。

福生、横浜とこれまでの土地を愛し続け、地方都市へも行脚するだろう。

そして、東京23区、日本の中心も襲う日が来れば。

そう、日本が世界に誇るモンスター、ゴジラのように…

 

そしてこのブログでも、せっかく物語を作ったので、今後も第四章、第五章と追いかけていこうと思う。

物語と言えども、これはルポルタージュのようなもの。

筆者の僕は引き続き、JASONSを追いかけ、作品を読み込み、現場を歩き、彼らの姿をしっかり目に、脳に焼き付け、文章に仕上げていく。

この記事を書いた人
音楽ライター「監督」

音楽ライター。昭和の末に生まれ、平成の大阪で育ち、革ジャンを羽織り、ロックシャツを着て、ベルボトムに下駄で東京の街を闊歩する。「音楽は耳で観る映画」をテーマに、音楽から感じるイメージを文章にし、ライヴレポートやライナーを書いています。

音楽ライター「監督」をフォローする
メタル
シェアしていただけると嬉しいです!
音楽ライター「監督」をフォローする
ANOTHER STYLE for MUSIC

コメント

タイトルとURLをコピーしました