2018-09

メタル

【音楽界のアスリート、DOWNFALL:音楽におけるウルトラC】

 「十人十色」  と言うように、人の好みや価値観はバラバラのはずだが、スポーツという分野に熱狂する人は多い。 例えば、オリンピックやワールドカップで、日本が予選を突破した、優勝争いに食い込んだとなると、自分のことのように喜ぶ人は多い。   仲間とスポーツバーに行って、ユニフォームを着て応援する人。 選手が人間業とは思えない、超絶技巧を決めると興奮する人。  翌日のニュースやワイドショー、新聞、SNSはその話題一色。 職場や学校は、その話題で持ちきり。  そして、選手の裏側を追った映像、日々の鍛練や精神性に迫ったドキュメント番組を見て、感動し、涙する。   では、スポーツ以外の分野、音楽の世界ではどうだろう。 音楽に勝敗は無いものの、スポーツ選手が体操でいうウルトラC級の超人的な技をやってのけるように、一般人では考えられない超絶技巧、人間離れした技で演奏することがあるのだろうか?   答えは、「YES」。 もちろん、楽器を演奏すること自体、一般人からすれば凄いことなのだが、プロの中でも段違いのテクニックを持つミュージシャンがいる。 そんな超絶技巧が顕著に現れている世界が、『へヴィメタル...
メタル

【音楽界のアスリート、DOWNFALL:ウルトラC満載の音楽世界】

音楽に飢えていた1人のミュージシャンがいた。とりわけ、超絶技巧テクニックに満ちた音楽を渇望する、1人のミュージシャンが名古屋にいた。SchopferやGIGATON、HELL AND HELLというアンダーグラウンドの過激なメタルバンドを渡り歩き、またこのブログでも紹介した、Crocodile Bambieでサポートした経験もあるギタリスト、カスヤ氏。
タイトルとURLをコピーしました